鈍すぎる想像

雑念を綴る。

自動思考

なんとなく昨日の記事は書かないほうがよかった気がしている。いつまで経っても自意識過剰野郎である。

 

今日は昼まで寝てました。午前中に起きれないと自分は地の底にいる感じがします。こういう日は一応外に出て陽の光を浴びらなければと散歩に出ます。今日の僕はなぜか調子に乗っていたので、地下鉄東西線に乗り込んで六丁の目まで行ってきました。なぜ六丁の目かというと、友達からよく聞く地名だけど、あんまり行った記憶がない街だったからです。

 

f:id:magobe23:20170423195025j:image

 

地下からはい出て行く私の目線。

 

到着して周りを見て、ここきたことないなーと思いました。しかし、10分ぐらい歩くと、あ、ここ営業で来たことあるなーという場所まできました。

 

その瞬間、目の前が真っ暗になり私は道路に倒れこみました。

 

 

嘘です。

 

小賢しい文章になってしまいましたが、僕はあまり考えて文章書いてないです。むしろ書かないかもしれません。なんとなくでやってます。なんとなくの思考で書かれたものを「今日も更新しました(どやー、見て見てー)」とツイッターで吐き捨てているのか。なんか割と最低な事してる気がしてきた。罪悪感ぱない。

 

開き直ろう。このブログを見てくれている人の中にももしかしたら「わー、こんなひどいやつもいるんだー。私はまだマシだなー」って安心してくれる人たちもいるかもしれない。それでいいじゃないか。それだけで意義があるのではないか。

 

ツイッターとかで意味わからんことばかりつぶやくより、有意義だと思えてるうちはブログ続けます。

 

今日はこの後友達とお茶しながら愚痴をこぼしてきます。あまり人と会わないと、このブログがますます見るに耐えない偏屈なものになりそうだからね。

 

明日から一週間旅にでます。小旅行。